岡崎ハピネス鍼灸接骨院

予約優先 0564-54-9907

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

【その疲れは姿勢が原因!?正しい姿勢とは】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

ハピネスグループ施術スタッフの岩澤です。
皆様普段の姿勢で「正しく立つ事」はできていますか?

太りやすい、リバウンドを繰り返す。
太ももやおなか、ふくらはぎなど、特定の部位の太さに悩む人の姿勢には、共通する癖があります。
次の習慣に心当たりはありませんか?

・足を組んで座る……腰のゆがみ
・かばんを利き腕ばかりで持つ……上半身のゆがみ
・横座りで座る……腰がねじれる
・片足に重心をかけて立つ……腰がねじれる
・片手で頬づえをついた状態でテレビを見る……顔のゆがみ

「正しい姿勢」を作るための基本は立ち方です!

姿勢や歩き方が正しくないと、筋肉の発達がかたよる可能性があります。
例えば、横に大きく張ったヒップは、立ったときの重心の位置が関係していることが少なくありません。
重心の荷重位置を意識し、姿勢を正すことで美しい姿勢の体に変えることができます。

正しい立ち方のポイントは、

まず、肩の力を抜いて楽に立ちます。
このとき、足の土踏まずから親指の付け根にかけて重心を置きます。
次に、おなかを引き締め、お尻に力を入れます。
すると、自然に内ももとお尻の筋肉を使うことになり、スラリとした直線的な脚のラインを作ることにつながります。
また、リンパの流れを促すほか、腰への負荷を軽減するため、体全体のむくみや腰痛の予防も期待できるでしょう。

かかとからふくらはぎの間を1本のラインでつなげるように、床と垂直に立ちます。
両ひざを内側に寄せるようにくっつけ、つま先とかかとは揃えます。
上半身は、おへそ、鼻、頭のてっぺんから天井に向かって高く吊り上げられるイメージで、背筋をまっすぐ伸ばします。
鎖骨を開き、両肩の高さを揃えます。

横から見たときに、耳、肩、腰、ひざ、外側のくるぶしが1本のラインでまっすぐつながるように立つのがポイントです。
目線は正面を、あごは地面と水平にし、肩は下げて軽く後ろに引きます。
みぞおちからおへその下にかけて、体の中心部分を指で確認し、腹直筋を引き伸ばすようイメージします。
これで、正しい姿勢をキープしやすくなるでしょう。

お試しください。

カテゴリー: 動画 | 【その疲れは姿勢が原因!?正しい姿勢とは】岡崎市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【外反母趾を諦めない!改善トレーニング】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

皆さんこんにちは!
ハピネスグループです!
今回、紹介させていただくトレーニングは『外反母趾』トレーニングです!
皆さん1度は聞いた事があると思いますが、そもそも外反母趾とはどの様な原因・状態なのでしょうか?

【外反母趾とは】
ヒールやスパイクなど先が狭い靴を履く事が多い人は親指が靴によって圧迫され変形してしまいます。
更に扁平足(土踏まずが低い人)は、それに伴って親指を支えている靭帯が緩んでしまい、親指を支える事が出来なくなります。
その結果、外反母趾になるのです。

外反母趾を放ってしまうと歩いている際に指輪が痛くなったり、むくみが酷くなったりしてしまいます。

今回はこの外反母趾改善トレーニングを紹介させて頂きます!

①支えれる棒か壁に手をつけます。
②両脚の指を挙げます。この際親指を1番持ち上げる意識で。
③②の状態でかかとを挙げて3秒キープ。
④指は挙げた状態でかかとをゆっくり下ろします。
⑤最後に指を下ろします。

このトレーニングを毎日20回行って下さい!
やっていくと段々と歩いている時に親指に力が乗っている感じが出てくると思います!

※トレーニング中に痛みが出た場合は、直ぐに中止してください。

その他ご相談などございましたらハピネスグループまでお待ちしています。

カテゴリー: 動画 | 【外反母趾を諦めない!改善トレーニング】岡崎市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【足のたるみやダルさに効く!内ももストレッチ】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

ハピネスグループ施術スタッフの鈴木です

今回は太ももの内側にある筋肉のストレッチをご紹介いたします。

太ももの内側にある筋肉は、骨盤の下側と大腿骨をつなぐ強固な筋肉の集まりで、恥骨筋、長内転筋、短内転筋、長内転筋、薄筋で構成されています。

それぞれ筋肉の走行が異なりますので、大きく2つに分けてストレッチします。
体の重心線より前側にある恥骨筋、長内転筋、短内転筋は開排、重心線の近く又は後ろ側にある大内転筋、薄筋は開脚して行うことで
効果的に伸ばすことができます。

① 開排ストレッチ
床にお尻を下ろした姿勢で、脚の裏同士を付けるようにします。その状態からまず膝を床に近づけるようにします。
そして骨盤を前傾させます。

② 開脚ストレッチ
床にお尻を下ろした姿勢で脚を開きます。
つま先と膝のお皿は同じ方向(天井)に向けて下さい。
その状態から骨盤を前傾するように倒していきます。

【ポイント】
両方のストレッチ共、骨盤が後ろに倒れるとストレッチ効果を得られませんので注意してください。
体の硬い方や骨盤を前に倒すのがやりにくい方は、お尻の下に座布団やクッションなどで、少し高さをつけてあげると骨盤の前傾がしやすくなります。

カテゴリー: 動画 | 【足のたるみやダルさに効く!内ももストレッチ】岡崎市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【肘の外側が痛い!テニス肘のテーピング】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは、ハピネスグループ施術スタッフの阿保です!
『肘の外側が痛い時や疲労予防として使えるテーピング』をご紹介!

今回は肘の外側が痛い時や疲労予防として使えるテーピング方法です。

肘の外側が痛い時の症状としては、『テニス肘』が代表としてあげられます。
また、テニスと同じ様にラケットを使用した人に多く見られる障害です。
無理に手首と肘の力を使う事で、筋や腱の変性や骨膜の炎症が引き起こされます。
他にも、包丁を握る、ゴルフクラブを握るなど、手を握る動作を繰り返し行う動作で症状がでます。
その多くは、手首を曲げたり捻ねったりする動作のときに肘や前腕の痛みを感じます。
また、タオルを絞る、ドアノブを捻る、ペットボトルのキャップを捻るなどの日常動作が困難になります。

今回のテーピングは、上記に書いた様な肘の外側の痛みに対しての疲労をある程度軽減することが出来ます。
また、予め貼っておく事で怪我の予防にも繋がります!

【用意するもの】
50mmのキネシオテープ、ハサミ

【貼り方】
①貼る人の肘を90度屈曲してもらい、50mmキネシオテープを親指の付け根から肘まで斜めに貼ります。

②中指の付根から肘までテープを貼ります。

③手首と前腕の肘の手前に、1周テープを貼ります。

※ポイントとしては、受傷箇所である、短橈側手根伸筋と肘の付根の上をテープが通る様にします。

カテゴリー: 動画 | 【肘の外側が痛い!テニス肘のテーピング】岡崎市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

【光脱毛ってどうやるの?施術の様子を公開!】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは!
ハピネスグループエステティックサロンブリエの伊藤です。

今回は、当店で人気な光の脱毛についてのご説明をさせていただきます。
当店で使用させていただく機械がクリアSPという光の脱毛になります。
スイッチを押すと光がパシャっと照射されます。
この光が毛の黒色に反応し、熱に変わります。
そうすると毛に含まれるたんぱく質が熱変性を起こし毛が生えてこなくなります。

熱、といっても熱かったり痛みが起きるようなものではございません。
また、部品一つ一つが国産生で、日本人に合わせた優しい設計になっているので小中高生の方でも安心して受けていただけるようなものとなっております。
お手入れ中はリラックスして寝てしまう方もいらっしゃるくらいですよ!

これから夏が近づき丈の短いお洋服を着られる方も多いかと思います。
お出かけのたびに毛を剃ったりするのは何かと大変ではないでしょうか?
剃る回数も多ければ多いほどお肌を傷つけてしまいます。
また、毛を抜くことを頻繁に行うと毛穴が目立ってしまいます。
そうなる前にぜひ当店の脱毛を受けてみてはいかがでしょうか?
脱毛をされたほとんどの方が「始めてよかった!」と喜んでいただけています。

ご不安な方はカウンセリングのみでも結構ですよ。
ぜひ脱毛デビューして夏を楽しみましょう!

カテゴリー: 動画 | 【光脱毛ってどうやるの?施術の様子を公開!】岡崎市の接骨院ハピネスグループ はコメントを受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ