岡崎ハピネス鍼灸接骨院

予約優先0564-54-9907 お問い合わせはこちら
MENU

【受付時間変更のお知らせ】10月より日曜日も受付致します。

2020年10月より受付時間を変更いたします。

≪変更後≫
◆土曜日の午後の受付時間
15:30~19:30 → 14:00~18:00

◆日曜日の受付を始めます
午前/8:30~12:00
午後/14:00~18:00

※木曜日のみ休院
※木曜日以外の祝日は平常通り受付

ご迷惑をおかけしますがご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

カテゴリー: インフォメーション | 【受付時間変更のお知らせ】10月より日曜日も受付致します。 はコメントを受け付けていません

スポーツによって慢性化してしまう膝の痛み

スポーツによって慢性化してしまう膝の痛み

 

こんにちは!

 

今月から膝の痛みについてです!

 

今回はスポーツ関連なので当院にてよく見る膝痛をご紹介します

 

 

学生部門第一位はオスグットシュラッター病です!

 

通称オスグッド

 

成長期で過剰に緊張した筋肉(大腿四頭筋)に引っ張られ

 

膝蓋骨の下の通称「膝頭」の骨の部分が引きはがされて痛くなる症状です

 

主に大腿四頭筋の緊張が原因ですが、

 

関連してもも裏の筋肉の過剰な緊張も原因にもなります

 

 

 

次にバスケ・バレー部の子に多いケガ

 

「ジャンパー膝」です

 

原因は先ほどと同じく大腿四頭筋が主ですが

 

その筋肉が膝蓋骨(膝のお皿)に付着し

 

膝蓋骨の動きを制限し

 

膝蓋骨の裏というか関節との隙間で

 

炎症が起きてしまうというものです

 

 

次にランナーさんで多いのは「腸脛靭帯」です

 

ふとももの外側にある大腿筋膜張筋とつながっている

 

腸脛靭帯が膝を曲げた状態と伸ばした状態で

 

膝の外側にある骨の突起を繰り返し乗り越えることにより

 

炎症が発生してしまうというものです

 

原因はこの筋肉が固くなることにより

 

突起を乗り越える際の刺激が強くなることにあります

 

 

ざっと接骨院で見る症状で多い症状3選でした

 

治療や予防については次回以降になります

カテゴリー: インフォメーション | スポーツによって慢性化してしまう膝の痛み はコメントを受け付けていません

知って得する!腰の痛みの軽減方法

知って得する!腰の痛みの軽減方法

ということで私がオススメしたいのが

ストレッチ!!!は、前々回のブログにて

紹介させていただきましたので

今回は温めるべきなのか冷やすべきなのか!?

よく聞かれる問題なので

改めて解説していきます^ ^

温めるべきは筋肉の緊張が強い慢性期が適しています

例としては

星︎長時間の運転や同じ姿勢で肩や腰が疲れた

星︎パソコンの見過ぎで目が疲れた

星︎立ちっぱなしが多く足が張る、むくむ

などが適切だと言えます( ◠‿◠ )

冷やすべきときはどうなのか

例としましては

星︎運動直後の筋肉がパンパンな状態

星︎運動中に急に痛くなった状態

星︎打撲などぶつけてしまったような腫れ

星︎ひねったりして急に痛めた場合

などが挙げられます( ◠‿◠ )

何故なのかというと

温めることが必要なものは

血行が悪くなっている部分

筋肉が緊張が慢性的に固い部分

ということになります

温めることによって症状の緩和に繋がります

炎症が強い場合は逆に悪化させてしまうので

注意が必要です

冷やすべきものは

炎症があるものとなります

冷やすことにより炎症がおさまり

腫れや内出血、痛みを緩和します

筋肉はかたくなってしまうため

動きにくくなるのがデメリットです

きちんと判断し適切な処置ができれば

治療期間を大幅に短くすることができます

わからない場合はぜひご相談ください

また整形外科などでも診断が可能なので

掛かりつけがある場合は

そちらを頼ってもらっても大丈夫です!

カテゴリー: インフォメーション | 知って得する!腰の痛みの軽減方法 はコメントを受け付けていません

腰の痛みはどのタイプ?症状を見分けるサイン

こんにちは!

きょうは腰の痛みの種類について解説します!

種類といっても細かく分けたら

めちゃくちゃにあるので

接骨院でよくみさせていただくパターンとして

筋肉の痛みにで分類したいと思います!

まず筋肉の痛みというのは

2種類あると思ってください^_^

簡単にいえば急性と慢性

どう見分けるかというと

1 許容範囲以上の負荷により急に痛くなった

2 原因がわからない、継続した負荷により強くだんだん悪くなった

という分け方ができます^ ^

1でよくあるのは

重たい物をもったりや、急な運動をしたとか

そういったことが多いです!

2というのは接骨院で仕事してても

こちらがほとんどだと思います!

そのほんとんどが姿勢不良や

なにか根本的原因があり

長い方であれば何年単位、

短い方は何日単位、

といった形で溜まったものが蓄積されて

痛みが出るので患者様自身の判断での

原因が分かりにくいことが多いです!

といったことから分類ができます!

今回は筋肉の痛みに限局して分類しましたが

他にも骨、関節の痛み

例えば捻挫や打撲など、腱鞘炎とかもややこっち側だったりします!

他には神経性の痛み

ヘルニアや狭窄症、坐骨神経痛などがあります!

そんな痛みも接骨院でも判断ができます!

なにからきてるのか

お話を聞いて

お身体をみさせて頂き判断ができるので

気になる方はぜひご相談ください!

カテゴリー: インフォメーション | 腰の痛みはどのタイプ?症状を見分けるサイン はコメントを受け付けていません

痛みがつらくても出来る腰痛予防の運動

こんにちは!

きょうは痛みがつらくても出来る腰痛予防の体操をご案内します。

まず痛みがある前提でお話をします。

痛みがある時は直接腰を伸ばすことはなかなかできないので

腰に関連する骨盤に大きな影響がある太もものストレッチがおすすめです!

前面にある「大腿四頭筋」

裏面にある「大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋」

これを意識していきましょう!

まず前面の筋肉が強い緊張があると骨盤が前に傾く力が強くなります

そうなることで背中まで丸みのある猫背になりやすく

慢性的に腰、臀部がこりやすくなります!

そして後面においては

強い緊張があるとさっきとは逆に反り腰になりやすくなります。

よくおしりがプリっとしてる人がそんな容姿に近いと思います

そうなると背骨の腰の部分、腰椎といいますが過剰に反ることで緊張が強くなります。

いづれにしても足(下肢)の強い緊張によって骨盤、腰の負担が増大します

ですので腰が痛いときはまだいけそうであれば足のストレッチ(特にふともも)をお勧めします!

やり方においては当院のyoutubeを検索してみて下さい!

宜しくお願い致します!

カテゴリー: インフォメーション | 痛みがつらくても出来る腰痛予防の運動 はコメントを受け付けていません

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ